建築フェチ

2018/08/08

京都川端三条 スモールホテル・スタンダード

京都のほぼ中心、川端三条にかって存在した古いアパート それなりに古き良き昭和の佇まいを放っていた。 学生の街、京都だからそれでも経営には困らなかっただろう。 そんな建物を解体して、新たにホテルを建設す …

2017/06/02

企業文化

所かわれば品かわる。会社かわれば文化かわる。 今日はクライアントのデベロッパーさんご一同が、 同じく他のクライアントデベロッパーさんの物件を見学させていただく機会に。 横浜市磯子区で現在分譲中の大型物 …

2017/05/30

野面をみる。

京都長岡京市。 御所近辺で進むプロジェクトの庭石をさがすため、 石材置き場のあるこの地まで。 中庭にデザインした組石だが、 ここには想像以上の美しい野面をした川石が、 文字通りごろごろ転がっている。 …

2017/04/18

とにかく手を動かそう。

とにかく手を動かそう。 パソコンの前で悩み込んだり、肩こりと格闘してみても何も始まらない。 だから紙とペンを持って手を動かしてみよう。 まず線を引いてみよう。 次第に何か見えてくる。 次第に何か出来上 …

2017/02/24

銀座1階

打合せ途上、銀座を歩いていると、 銀座ミスパリさんの1階に獺祭のお店が完成していた。 ビルをデザインした当時、 アパレルブランドなんかが入居するだろうと想像をしていた。 話をお聞きした時、 日本酒のお …

2016/12/22

140年物ドアーですが

どうやって吊り込みましょうか? 宅急便の梱包を解いて、みな現場でしばし沈黙。 框は腐食していて角が丸い。 錠前は現代のものが会わない。 元々使用されていたフランス蝶番は日本で入手できない。 欧米ドアー …

2016/09/07

インターデザインが伝える空気感。

クライアントにデザインによる建築の空気感を伝えたい時、 CG表現を幾ら正確に追及しても、それを伝えることは困難。 だからインターデザインでは依頼いただいた物件の多くがスケッチの表現になる。 もちろんC …

2016/03/18

2015年パリ視察団

昨日パリ研修へ向け出発したスタッフ達から無事到着のメールが届いた。 昨年12月の研修が一連のパリのテロ事件で延期になり、 その研修を今年実施している事になる。 2015年スケジュールの視察。 今週は物 …

2015/08/20

天国にいちばん近いガーデン

英国の最上級のファブリック『Andrew Martin』を貼り込んだ、 直径1.5メートルのペンダントライトが吊り込まれた。 もちろんウチのオリジナルデザインだが、 制作の大光電機さんと何度も打ち合わ …

2015/07/24

電気屋さんの金魚とカーテン屋さんのランプ

ゆらゆら水面をただよう金魚。 覗き込むと睡蓮の下に逃げ込んでいく。 そして水面をゆらす波紋の光は店内を優しく照らしだす。 こんな素敵な金魚と水面をデジタル映像で作ってくれている パナソニックさんで、映 …